過去の公開歴

​一般への公開は4作品を一度だけ

「ことばのそもそも」はこれまでに一度だけ、2020年1月25、26日の両日、東京渋谷のセルリアンタワー能楽堂で行われた市原悦子さんの追悼朗読会で一般向けに公開されました。その際には新聞各紙やTV各局でも報じられました。

両日とも昼夜それぞれ1話ずつ、「サンドウィッチ」、「画竜点睛を欠く」、「虎の威を借る狐」、「万物は流転する」の4作品だけが上映されました。

このことについて、2019年暮れには「未公開アニメが見つかった」として、サンケイスポーツ紙上などで報じられました。 

さらに追悼朗読会後には、TBSテレビの「Nスタ」でも「幻の未公開アニメ」として、作品について詳しく報じられました。

​ここでは、東京工芸大学の広報誌「えんのき」の2020年4月号に掲載された、追悼朗読会での「ことばのそもそも」上映についての記事を転載させていただきます。

ennoki.jpg